襟足脱毛.脱毛サロンと医療脱毛の違いは?

すでにその違いをご存知で、どちらかで脱毛経験がある方はこのページはスルーしてもらって構いません。

脱毛サロンと美容外科や美容整形クリニック(医療脱毛)の違い。それは、施術に使用する光の違い に他なりません。脱毛サロンで使う光は、“IPL(インテルス・パルス・ライトの略)”“SSC(スムース・スキン・コントロールの略)” で、広帯域の光エネルギーの中から UV光(紫外線)をカットした 毛の黒い部分(メラニン)に反応する光だけを取り出して照射し毛根を弱らせて脱毛を促す という方法です。

 そして医療脱毛で使われる光は、単一で波長の強いレーザー光で、その威力は毛根の奥の奥 “毛乳頭” にまで達し、毛を発毛させる組織 “毛母細胞” を破壊します。組織を破壊された毛根からの発毛は、施術以降 望めませんので 再び毛が生えてくることはありません。 このことから、医療脱毛では レーザーでの脱毛を『永久脱毛』と謳うことができます。

これに比べて、脱毛サロンでの脱毛(フラッシュ脱毛)は、毛根を弱らせ発毛を抑制するだけで、毛根そのものが無くなることはないため、時間が経つと毛は再び生えてきます。よって “永久脱毛” ではありません。ですが、一度でも毛根に刺激を与えているわけですから、以前と全く同じような毛が生えてくる事はほとんどありません。
 二度目に生えてくる毛は、襟足(うなじ)であれば・・ 弱々しく細くて薄い毛で、 「もう処理しなくていいかも・・」というような毛となるか、もしくは全く生えてこないか、となります。こればかりは個人差があるので断定はできません。

ちなみに、レーザー脱毛においても “完全な永久脱毛” か というと、やっぱり個人差があります。
永久脱毛の定義・・『最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下である脱毛法』(米国電気脱毛協会)

なので、正確に言うなら レーザー脱毛は、・永久脱毛” と言う事になるのではないでしょうか。

本当の永久=一生涯を通じての脱毛 と言うなら、『絶縁針脱毛』 こそ 永久脱毛 と言えるのではないでしょうか。

   絶縁針脱毛とは?

主に医療脱毛クリニック・皮膚科などで、医師もしくは 資格を取得した脱毛師によってのみ施術ができる方法で、毛の 1本1本の毛穴に、細い金属針を通し 高周波 もしくは弱い電気を流すことで、毛包を破壊します。
 皮膚の表面に触れる部分には特殊なコーティングがされ 電気を通さない(絶縁)ため、通常の電気針脱毛と違って 炎症や色素沈着を起こすリスクが少ない と言う利点があります。

この脱毛方法は、その手法から高度なテクニックを要するためか、施術料金もかなりのものです。”1本抜くごとにいくら” と言う・・ 
 これで全身しようものなら、どこぞのセレブ?でないとムリでしょう。しかも!1本1本に針を刺していくわけですから・・・  わかりますね。もう。

ほとんど M の世界です。ご自分が M だと言われる方は 快感が得られるのではないでしょうか。

一部の脱毛サロンでも、通常の電気針脱毛は行われています(ニードル脱毛など)が、施術を受ける際は、十分に信頼のできる所を選びましょう!
 
襟足の脱毛でここまでする人がいるかどうかは はなはだ疑問ですが、この方法は、レーザーでは脱毛しにくい部分や、レーザーでも効果がないほどの 産毛・剛毛など 関係なく脱毛処理ができる と言う利点があります。