脱毛サロンでする襟足脱毛

脱毛サロンで受けられるのは、光(フラッシュ)脱毛で 主流は、“IPL脱毛” と呼ばれているもの。
正式な名前は 「インテルスパルスライト脱毛」で、別ページにも書きましたが、広帯域の光源の中から 人体に有害なUV(紫外線)光を排除し、メラニン色素のみに反応する光を集めて毛根を弱らせる と言う方法で、多くの脱毛サロンがこの方式での脱毛を採用しています。
代表的なサロンとしては、銀座カラーなどでしょうか。

もう一つは、“SSC脱毛” と呼ばれています。「スムース・スキン・コントロール脱毛」 です。
 これは、”ピーンズジェル” と言う光に反応する抑毛剤配合のジェルを襟足部分に塗布し、その上から “クリプトンライト” を照射。照射による熱とジェルの相乗効果で発毛を抑制する と言うものです。
代表的なサロンは、脱毛ラボ。

この二つの方法でどちらを選ぶか・・ どちらの方が襟足の脱毛に向いているのか・・ と言うことになりますと、襟足の毛質を考えると、IPl脱毛の方に軍配があがるのでは と思われます。
が、まずはその2つの脱毛方法の違いを見てみましょう!

  IPL脱毛vsSSC脱毛.

“IPl=インテルスパルスライト” は、医療脱毛で使われる波長(アレキサンドライトやダイオード・ヤグ・ルビー)などもすべて含んだ(ただし有害なUVだけは取り除き)まさに幅広い光源帯の光を使って、メラニンに反応する光だけが毛根に作用するようにIPLフィルターで分類して照射する方式です。

 レーザーのように決まった波長の光(アレキサンドライトやダイオード・ヤグ・ルビーなど)をピンポイントで照射するのではありません。照射する出力もレーザーのように強くはありません。ですがIPLは、医療現場でも広く採用されているほどに 有益な光で、IPLによるフォトフラッシュのような光の中には 様々な波長の光が含まれているので、それぞれの波長の光が それぞれの違う疾患に効果を発揮するのです。シミ・ソバカス・小じわ・ニキビ痕・赤み・ハリ感 等 広範囲で改善することができます。

このことから、IPL方式の脱毛を採用している脱毛サロンでは、脱毛と同時に美肌も改善できる と言う利点があり、脱毛サロンもそれをわかっていて、押している所が多いです。
 
一方の “SSC=スムース・スキン・コントロール” 方式の脱毛は、IPLが直接毛根に働きかけるのに対し、SSCは間接的・・ とでもいいましょうか。

“フェリニーブ” と言う美容に効く様々な成分(尿素・サリチル酸・西洋白ヤナギエキス)と “トレジャービーンズ=制毛成分”を含んだビーンズジェルを塗布し、その上から それらの成分を刺激する “クリプトンライト” を照射し、熱によって割れたビーンズジェルから フェリニーブが溶け出し皮膚に浸透していくことで制毛を促していく と言うやり方です。
 
 
当然 個人差があるのでどちらが優れているとは言い難いのですが、襟足などの産毛に関しては、それでなくても メラニン色素が少ない部位ですので、IPLでさえ効きにくい場合があります。なのでこればっかりは試してみないとわからない・・ といった方がいいかもしれません。