医療脱毛でする襟足脱毛

美容外科クリニックや皮膚科で行なわれている医療脱毛。いわゆる『レーザー脱毛』は、脱毛サロンでの光脱毛に比べると格段の効果があります。おまけに「永久脱毛」認定されてもいいくらい その効果は持続します。

レーザー脱毛で使われるレーザー光は、主に2種類。『アレキサンドライトレーザー』『ダイオードレーザー』です。
どちらがどういう効果がある と言うよりもまずはレーザー脱毛が襟足の毛にどのように効果があるのか と言う所から。

  レーザー脱毛の効果.

医療レーザーによる脱毛効果が高いのはご存知の方も多いと思います。ですが、こと襟足=うなじなどの産毛に対しても同じ効果が得られるのでしょうか?

 レーザー脱毛も 脱毛サロンで行なわれている光脱毛も基本的な原理は同じで、毛の黒い部分(メラニン)に反応する光で毛根を刺激して 発毛機能を狂わせる と言うやり方です。
ただ、医療脱毛はその光が、単一の波長のものを脱毛サロンよりも強い出力で、ピンポイントに、毛根に照射し毛根の組織を破壊してしまう。というので、一回の脱毛効果が脱毛サロンよりも格段に違います。そのため 施術回数も脱毛サロンのほぼ3分の1程度で完了してしまう事がほとんどです。

ところが、レーザーが得意とする毛は メラニンが多い毛。つまり 比較的剛毛な 脇とか足・腕 といった部分の毛です。
 特に “アレキサンドライトレーザー” は、この特徴が顕著で、日本人の肌のメラニン量との相性がいいという理由で、国内No1のシェアを誇っています。代表機種は、『ジェントルレーズ』。

それに対抗?するのが “ダイオードレーザー” です。
 アレキサンドライトレーザーよりもやや長めの波長で、毛根の より深部にまで到達することができます。さらに半導体からのレーザーなので自由に波長を変えることができることから、これまで難しいとされていた日焼けした肌や 産毛にも効果があるとされています。

代表的な機種は『ライトシェアデュエット』など。
 
 
日本に最初に普及したレーザー脱毛器は、アレキサンドライトレーザーを使った機種です。が、最近では 技術の進歩で、様々な複合機が開発され 徐々にそう言った最新機種を導入するクリニックが多くなっています。

 もし、襟足の脱毛をクリニックで使用と考えているのなら、そこのクリニックがどんな機種を使っているのか というところまで細かくチェックして、レーザー脱毛について ある程度の知識をインプットでいておく方が、いざという時に より自分にあった施術を提案できるのではないでしょうか。